テーマ:三溪園

蓮の花は四日の命ーー横浜三溪園盛夏

梅雨が明けたかとも思えた日曜日、横浜本牧の三溪園の様子を窺いに。青空を背景に百日紅(サルスベリ)でも見られればいいかと、ぼんやり思いながらバスに乗っていた。 本牧に着くとすでに正午すぎ。朝食が遅く、レトルトカレーを温める同じ鍋で半熟卵を煮てカレーに割り入れ、食パンをとっていたので、『玉家』のサンマーメンも『江戸清』のちらし鮨にも気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三溪園、花菖蒲の池を巡るーー横浜本牧・6月18日

いちおうは左回りの順路となっている園内ではあるが、ヘソ曲がり爺ィは逆をたどることが多い。 門をくぐると、晴れわたる日差しの下、花菖蒲が盛りを迎えていると見え、しばらくの間は見物客の少ない方にまわっていた。 八つ橋ならぬ渡り板をはさんで生える半夏生の葉も白みが増し、「ああ、梅雨だな」と落ちつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の名残か?ーー三溪園盛夏

ここ三日ほどは乾いた空気が火照り切った身体を癒してくれるようだったが、また元に戻るのだという。 抗ったところで詮方ないので、せめて花と緑に気を移して、いっ時なりとも暑熱から離れたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜本牧 三溪園ーー秋浅く、曇り日に

Daiso での買い物のあと、野毛界隈の町中華、小料理屋、立飲みモツ屋などの様子をうかがい、久しぶりに『錦寿し』の親方の顔を見て安心した。気が軽くなったか、うちに帰るのがもったいなく思われたか、ふらふらと三渓園に向かうのだった。 渡り鳥のキンクロハジロ、第一陣の20羽ほどが来ていた。 菊花展は26日から。茶店の待春軒で山野草…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more