蓮の花は四日の命ーー横浜三溪園盛夏

梅雨が明けたかとも思えた日曜日、横浜本牧の三溪園の様子を窺いに。青空を背景に百日紅(サルスベリ)でも見られればいいかと、ぼんやり思いながらバスに乗っていた。

本牧に着くとすでに正午すぎ。朝食が遅く、レトルトカレーを温める同じ鍋で半熟卵を煮てカレーに割り入れ、食パンをとっていたので、『玉家』のサンマーメンも『江戸清』のちらし鮨にも気持ちが動かない。

園に入ると、蓮が盛りを迎えていた。蓮のことが頭になかったのは、うかつと言うしかない。

この時間となれば、朝に開いた花もまた閉じかかっているが、まあいい。目についたものだけを撮っておいた。

ものの見方は無限にあるので、飽きるまでその花と葉の様子を眺めていたら、けっこうな枚数になってしまった。

2E98FC5B-FF3E-4FBF-A4B9-F5D98217911F.jpeg

1BF211B6-DC94-4E43-8D29-0B8FAB0A46EF.jpeg

4686FB0A-8D04-49B2-AA47-6D34A1159777.jpeg

400A9CC1-FD43-4FA6-9B43-A87FBFE4846C.jpeg

62D0C923-C6C4-4A01-AB9A-C40962D393E4.jpeg

9E7550B6-F378-494E-85C1-DE74EBCAEC4F.jpeg

F85FDD8E-07F9-48A7-9480-7F226EF6715E.jpeg

4EF697B6-F2CD-446A-B7E9-7CC31E0A587A.jpeg

92260DDF-C253-46E8-842A-9399E75B67BC.jpeg

DC6CB6F1-7D5C-4A48-A144-AB34B10D1AB6.jpeg