観光地で人を避ける矛盾ーー飛騨高山 白川郷 越中八尾 上高地を2日で巡る 2

どうしても人混みが嫌で、「静かな町に行って賑やかな思いをして何になるんじゃい!」と怒りつつ、同行の観光諸姉諸兄から逃げるように高山の「下ニ之町」「下三之町」に入り込んでうろつくことしばし…。

町名の頭に付される「下」とは、中心を流れる宮川の下の意味でしょう。わたしの生まれた村と同じです。オフクロの生家が「かわら(川原)」、オヤジの家は「しも」にあって、互いの家をそう呼んでいました。神社が川上に位置することも変わりません。こちら高山の立派な宮川とはぜんぜんちがう、小川のような川ですが。

ある民芸品屋でお酒を造るとき(濾すときでしょうか)に使った袋そのものを買ってしまいました。継ぎはぎだらけで深みと艶のある色合いに惚れてしまいまして…。松屋のカレーが十皿食べられる値段、惜しげもなく! それを材料として鞄をこしらえる奥さんと長話して、集合時間ギリギリにバスに乗り込むという、慌ただしきウロツキでありました。

画像


画像


画像


画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック