会津の若松4ーー古道具屋で

つごう四日間ほどお邪魔した若松。昼ごろ起き出しては、半ば必要、半ば習性からメシ屋、飲み屋を探して寒さの中をぶらぶら歩きしながら目に入った、昔ながらの商店や蔵の街並み。

画像


画像


画像


画像


側から見れば趣がある建物でも、その中で暮らすのはご苦労が多い。蔵屋敷の土間で古道具を商うご主人は、「雪はイヤだ、寒いのが辛い。早く春になってほしい」と嘆いていた。

昔どちらかのお宅か店で使われていたに違いない小鉢が、埃まみれのまま積まれていた。「800」のラベルが付いている。遠望される山の絵付け具合が薄めで好もしいものを選って、一枚いただいてきた。

画像

骨董趣味などあるはずもない。食器棚に置いて、普通に使うまでのこと。煮物漬物、何にでも使える。

ご主人は売り値をご存じなく、「イグラ(幾ら)って書いてありました?」と、ずぼらにもこちらに尋ねる。奥に向かって「オーイ」と声を掛けると奥さんが出てこられた。控え目ながら話せば朗らかな奥さんが、「800円」と聞いて勘定と包装をしてくださった。旦那は石油ストーブの前に縮こまって坐りこんでいる。

おふたりと会津の冬の話をすればするほど、南関東に住まうひ弱な年寄りは、この地方ではとうてい生きていけないことが、改めて確信されるのだった。

いつになるか知れないが、次もまたこの道具屋さんで何かいただこう。

画像


画像







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック