アクセスカウンタ

一日一夜

プロフィール

ブログ名
一日一夜
ブログ紹介
一年いちねん、蝋燭が一本ずつ消えてゆくことを感じながら、何を思い、悩み、喜び、または何を見て、食べているかについて、自分の前に流れる限られた時間と空間を言葉に換えることを通して表わしてゆきたいものです。それによって、残る蝋燭の炎の輝きを幾分とも増すことができれば……。いや、なに、そんなかたくるしいことばかりじゃなくて、目の前を行きすぎる光景を、時には正面から、裏面から、また斜に眺めてはどうかと。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
English rose garden〈港の見える丘公園〉2ーー成り行きまかせは何時ものことサ
English rose garden〈港の見える丘公園〉2ーー成り行きまかせは何時ものことサ いつもはほとんど素通りする海側の区画「香りの庭」を覗いてみると、蔓バラのアーチがずいぶん伸びて緑が充実し、濃いピンクの花が咲きはじめてもいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/25 17:51
English rose garden〈港の見える丘公園〉1ーー成り行きまかせは何時ものことサ
English rose garden〈港の見える丘公園〉1ーー成り行きまかせは何時ものことサ 横浜そごう美術館で開催中の「ルドゥーテの『バラ図譜』展」に行ってみようと電車に乗ったものの、あまりに天気が良いので、「丘公園にでもいってみようか」とそのまま石川町まで足をのばした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/15 21:34
わが家の前で草花を眺めながら――きのうの日記 5
わが家の前で草花を眺めながら――きのうの日記 5 駅まで歩いてゆく自信なく、さりとて籠っていては息が詰まりそうなので、とにかく表に出ることにしたのは、午後二時をだいぶまわったころ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/12 01:16
昼前の大船植物園から真夜中までの行状記ーーきのうの日記 4
昼前の大船植物園から真夜中までの行状記ーーきのうの日記 4 話は前後する。先月末に大船の植物園を訪ねていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/09 21:44
Yokohama English Garden 初回は驟雨襲来ーーきのうの日記 3
Yokohama English Garden 初回は驟雨襲来ーーきのうの日記 3 くたびれてはいたけれど、差し迫った用事あって中央郵便局と銀行へ。済んだら気が軽くなり、どこへともなく歩き始めると、「平沼」という行先標示が目に入る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/09 20:52
ことしの桜ーー近所の公園、八重桜
ことしの桜ーー近所の公園、八重桜 Facebook での友が撮った新宿御苑の八重桜をながめて羨ましがるうち、うちの前の公園のはずれに三本ほどあるこの樹のことを思い出し、「イケネェ、忘れてた!」と腰の痛いのも忘れてガバとはね起き、愛機 FUJIFILM X20をつかんで飛び出していた。「イデェ、いでぇ〜」と呻りながら仰ぎ見る花は少し盛りを過ぎてはいたが、じゅうぶんに楽しませてくれた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/07 11:37
捲土重来「馬場花木園」――きのうの日記 2
捲土重来「馬場花木園」――きのうの日記 2 前日は道草ばかりで、花木園での牡丹撮影という初めの目的をほとんど達せられなかったので、九時の開園に合わせて出かけたものだった。ところが哀れなことにケチな根性を抑えがたく、バスに乗ればよいものを、昔からのクセで歩いて行くことになってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/05 01:01
晴れた日に、旧友宅をめぐり歩き――きのうの日記 1
晴れた日に、旧友宅をめぐり歩き――きのうの日記 1 街ゆく人々の足どりの緩やかさに、「いつも休日」のこちらの気持ちも和む日曜日。天気が良いので横浜鶴見の「馬場花木園」の牡丹はどれほど開いたかと偵察に出た。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/05 01:00
秩父さくら旅ーー「法善寺」しだれ桜と花の庭
秩父さくら旅ーー「法善寺」しだれ桜と花の庭 「さくら旅」と掲げながら、ロクに桜の写真を載せていないことに気づいて焦り慌てる未明三時。「ヤッベ〜、もう桜終わっちゃったよ!」と、なんとも無粋な時季外れにて恐れいります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/22 03:44
秩父さくら旅――そういえば長泉院は札所第二十九番
秩父さくら旅――そういえば長泉院は札所第二十九番 三日目はどこに行こうかと前の晩に観光案内を眺めていた。すこし三峰山のほうに入ったところの長泉院とその近所が枝垂れ桜で名高いらしい。「花開いていてもいなくても、田舎道を歩ければいいや」と、出かけることにした。天気もよさそうだから、のんびりいきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/22 03:44
漁港の町は人通りなく、「花咲く丘に涙して」ーー沖縄印象、とりあえず
漁港の町は人通りなく、「花咲く丘に涙して」ーー沖縄印象、とりあえず イタリア語の詞の意味がわかるはずもないが、旋律からすれば、乙女が悲しい恋を嘆く唄なのだろう。ウィルマ・ゴイクのカンツォーネに「花咲く丘に涙して」という曲があった。50年以上も昔のこと。 https://m.youtube.com/watch?v=d5yj8uCcXrM ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 16:24
秩父さくら旅 麺類しか喉を通らぬ第二日目日誌ーー盛りうどんとラーメン
秩父さくら旅    麺類しか喉を通らぬ第二日目日誌ーー盛りうどんとラーメン 前の晩にすこし飲み過ぎてしまい、それでもフラフラと長瀞方面に向かったのは、ケチ根性からに違いない。「せっかく来たのだから」という。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/10 23:31
秩父さくら旅ーー巾着田の様々な桜から
秩父さくら旅ーー巾着田の様々な桜から   埼玉県日高市。高麗川が大きく蛇行した土地がその形状から「巾着田」と呼ばれ、関東の花好きには彼岸花の群生地として知られている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 06:21
秩父さくら旅ーー札所第十三番 慈眼寺の枝垂桜
秩父さくら旅ーー札所第十三番  慈眼寺の枝垂桜 本堂の前左手に「めぐすりの木」、右に枝垂桜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 22:09
京都でボチボチ泣きごとばかり3ーー『新福菜館本店』、細モヤシのこと等々
京都でボチボチ泣きごとばかり3ーー『新福菜館本店』、細モヤシのこと等々 「きょうは朝ラーでいくか…」と駅の近く、宿から線路を越えてすぐの『新福菜館本店』に入ったのが朝の九時過ぎという大寝坊。気分が優れなかったのは、めずらしく前夜遅くに寝酒などしてしまったもので。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/29 07:30
ことしの桜ーーフライング気味に
ことしの桜ーーフライング気味に ソメイヨシノだけが桜ではないのに、それに先立って咲いてくれるサクラたちにあまり喜びを感じないのはモッタイナイ。物事は真っ直ぐに見るように心掛けても、なかなか先入見から逃れられないのが哀しい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/28 11:10
京都でボチボチ泣きごとばかり2ーー立ち飲み屋でへこたれ、寺町通り『鳩居堂』で回復
京都でボチボチ泣きごとばかり2ーー立ち飲み屋でへこたれ、寺町通り『鳩居堂』で回復 先月、雪の会津からの帰り、次の京都行きにあたって計画らしきものを立てようとしていた。が、すこし考えたら、それは無意味であることを覚った。そもそも名所旧跡を “観光する” のは主義ではない。人混みも嫌いだ。そして今回の日程は、「ウォーク大会仕様」のために週末なので、なおさらそういった方面に足を向けるのは辛い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/28 09:59
京都でボチボチ泣きごとばかり1ーーきのうのラーメンは四条烏丸『萬福』
京都でボチボチ泣きごとばかり1ーーきのうのラーメンは四条烏丸『萬福』 はじめは日に10〜30キロ歩く大会に参加するつもりでやって来た京都。足の具合が思うに任せず不参加とした。せっかく取った安宿と安旅費をフイにするのもシャクなので、遊びに切り替えたものの、それにしても情けないことに、昨日今日と13,000歩ほどずつ市内をブラついただけでクタクタの体たらく。もう、アキマヘン。冗談ではなく、「あと2、3年で旅に行けなくなりそう」との恐怖感が迫ってくる思いで、暗い心持ちに襲われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/03/26 22:30
会津の喜多方3ーー蔵の雪、鶏の皮
会津の喜多方3ーー蔵の雪、鶏の皮 会津の旅は果てなく続く。若松で最後の晩に訪れた老夫婦で営む天麩羅屋『天一』でのことは、後日のブログに譲ろう、いつになるか知れないけれど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/03/22 00:08
会津の若松5ーー西栄町路地『来々軒』で聴く物語り
会津の若松5ーー西栄町路地『来々軒』で聴く物語り お姑さんが店を開いたのは昭和二十年代。当初は繁華街の神明通りにあって、区画整理により多くの飲食店とともに今の場所に移転したのは平成に入ってから。酔客がシメのラーメンをもとめてやって来るので、暖簾をとりこむのはいつも未明の二時三時だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/20 20:50

続きを見る

トップへ

月別リンク

一日一夜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる