熱海桜をたどって網代から多賀へ――東伊豆の春 1

去る一月の末のこと。横浜から戻ってくる伊東線の車窓から、桜が見事に咲いているのが、寝ぼけ眼に留まった。街路樹の端の方に三本ほど並んでいる。

その前も後も疲れて寝込んでいたので、どのあたりだったか分らなかったが、桜樹の向こうの海岸線や、たしか公園の手前側に咲いていたという記憶をつなぎ合わせ、網代あたりだろうと見当をつけた。沿線の風景と地名がまだ頭に入っていない頼りなさよ。

翌日早くに出かけ、あてずっぽうで網代駅で降りてみた。わが伊東からは二駅。目指す桜はその手前には見えなかった。熱海方向に北上して先に進むしかない。

海辺に向かうと、国道沿いの公園に桜の木があったが、前日の場所ではない。そこは電車からは見えないところにあるから。行く手には小高い丘が海に突き出ている。目指す桜はその先だろうか。

「参ったな、あまり歩きたくないよ…」。へこたれながら思案もつかず、仕方なく目の前の桜を撮ろうとしたが、どうもうまくゆかない。と、同年配の男性がカメラを首からぶら下げながらやってくる。メジロを追っている様子で。

隠居同士の気安さから、例の桜のありかを尋ねてみた。はたして、丘の向こうらしい。小山臨海公園の道路際に生える桜のうち熱海桜の三本が咲いていると、まさに前日の記憶どおりのことを正確に答えてくださる。

急ぐこともないので、四方山の立ち話をすれば、ご自宅は東北の日本海側にある町ではあるが、網代のマンションと行ったり来たりしているという優雅な方なのだった。熱海市の「別荘税」が固定資産税と同じほどであるとか、地元自然愛好家のカメラクラブのこと、近所の花の見どころ、鳥の種類などなど、話題は尽きない。

そのなかで、目指す桜のさらに先、隣駅の伊豆多賀から熱海高校にかけての高台に、熱海桜の遊歩道が整備されているというので、天気が良いので足を延ばす気になった。

別れるときに連絡先を交していたので、翌日になってメールを送ってみると、あちらは元気なことにその日の午後、遠路、湘南の二宮に出向き、駅近くの吾妻山公園に上り、菜の花畑越しに富士山を狙ったが、あいにくなことに、お山は隠れていたと返ってきた。以来、やりとりは途絶えている。

この日、朝飯は作る気がしなかったので、自宅近くのラーメン飲み屋『福みつ』でラーメンを作ってもらい、昼は網代の民家の玄関先に出ていた無人販売箱にあるミカンを三つほど。その残りはラーメン屋に「くーチャン、おみやげだよー」と置いて、まだ明るいうちの帰還となった。


DSCF2437-2.JPG

DSCF2426.JPG

DSCF2427-2.JPG

DSCF2470-2.JPG

DSCF2485.JPG

DSCF2494-2.JPG

DSCF2499-2.JPG

DSCF2510-2.JPG

DSCF2513-2.JPG

DSCF2515-2.JPG

DSCF2518-2.JPG

DSCF2525-2.JPG








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント