この夏、故郷にて 3ーー須賀川で円谷幸吉さんを偲ぶ

東北本線の須賀川駅で途中下車して改札口を出ると、壁に懐かしい姿のポスターが張られていた。「第37回円谷幸吉メモリアルマラソン大会」が10月20日に開かれるという。

須賀川が円谷選手の出身地であったことを半ば忘れ、といおうか、知っていたかどうかも定かではない。さっそく改めて検索してみると、彼を記念する展示室が市の体育館にあるという。行ってみよう。

前の東京オリンピック。マラソンのゴール前200メートルほどのところでイギリスのヒートリー選手に抜かれたまま、力尽きてゴールで倒れこんだ姿が忘れられないでいた。さらにその後、周囲の期待に押しつぶされるように自殺された際の遺書において、両親はじめ親族や上司一人一人に残した真率で実直な言葉も。

須賀川アリーナの にある「円谷幸吉メモリアルホール」は訪れる人もほとんどないのだろう。冷房装置もなく、猛烈な暑さの室内。

彼が陸上競技を始めたきっかけから練習の内容、競技に対する姿勢、腰の持病、婚約者への思い、そして自殺にいたる人生が、こと細かに語られる。ゆかりの品や写真が展示され、必死に陸上競技人生を生きていたひとりの人間の有りようが十二分に伝わってきた。

ヒートリーに追い越されたあの時、彼は抜かれた意識がなかったと聞いていた。ゴールを目前に、すでに意識が薄れていたことはあるだろう。

しかしその実態はこのたびの展示を観て、わたしの裡で明らかなものとなった。

それに先立つ数年前のある試合のあと、厳しい父親が彼に「後ろを振り返るものではない。それは自信のなさの表れだ」との戒めを与えていたとのことだった。彼はその教えのままに己の力を振り絞ることのみ思って走った。ヒートリーが背後に迫っていることなど、何ら意味のないことだったのだろう。

もともとトラック競技の選手で、5000m、10,000m
が専門。マラソンはこの時が3度目であったという。

100mや200mの短距離走者と同じく、自分の力を出し切る。いつも自己新を目指す。勝負の駆け引きなど問題にしない。ーー円谷選手のその姿勢にあらためて深く共感した。このオリンピックで彼は10,000mにも出場し、6位に入賞している。オリンピック陸上の長距離界において、これは驚異といえないか。

そもそも勝者は一人だけという勝負の世界で、それ以外の選手が求めるのは、常に記録なのだ。ことに二流三流の選手は自分を高めることだけしか眼中になく、勝ち負けなど問題にしていない。そもそも、優勝することなど、まずありはしないのだから。

さて、遺書の文言については、かねて読んでおり、または歌で聞いてはいたが、実際にそのペン書きの便箋を目の前にすると、あらためて涙がこみ上げてくる。

人の誠、真情の粋を至極単純な言葉で直截に語って、心に迫る。

彼の責任感の強さ、実直さを貶す人は少なからずいることだろう。もっと賢く生きていけよと。それはそれで結構だ。

しかしその純粋さに強く打たれ、自らの生き方と比べようとする者も、少なくとも一人、ここにいる。

なお、須賀川アリーナは歩いて行ける距離ではなかったので、電話でバス便を尋ねた。しばらくすると、あちらから掛かってきて、◯◯廻りはアリーナの前を通らないとの訂正と詫びであった。勤め人として当たり前ではあろうが、その語り口の丁寧さに頭が下がる思いがした。先頃、東北本線の列車に置き忘れたカメラを黒磯駅で保管していただいたので、お礼の菓子を送ったところ、駅長さんから丁重な電話を頂戴した時と同様に。

円谷選手に通ずる東北人の実直さをここに見るというと、言い過ぎだろうか。

(この稿、一部は先日の拙ブログと重複しますことをご容赦ください)
https://kogatak.at.webry.info/201908/article_1.html


462B4BB0-2396-454E-9067-811D4D50F4BB.jpeg

E192EB63-9126-47B9-8199-450CA7CAFBBC.jpeg

5E4A9ADA-F01D-4B52-A206-1545D8D03E44.jpeg

B60E807B-6D16-48AD-977A-484AB9711841.jpeg

254B5194-A8CD-46A7-809F-868F3D18DBE1.jpeg

64D26725-05A5-4EC4-957D-FACF6E6790D0.jpeg

D8431E75-9A1C-4541-B322-CD6F40A041CE.jpeg

C69C5073-6AA2-45F6-A68B-E8400D347DAE.jpeg

F64BB05C-EB1C-4995-AEFF-584C324B9F20.jpeg




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント