「味の大西」のラーメンあれこれーー湯河原行き 1

BB8D9622-47E3-4C0B-B122-649A9EA62E7B.jpeg

湯河原駅近く『大西』の普通ラーメン。男達がリキを付けに通っています。ワンタン麺も有名のようです。

ほんとうは転居すべきアパートの部屋を探しに行った湯河原の最終日の正午前。どうしてもシッカリしたラーメンを食べたい気持ちが強く、胃袋にちょっとムリさせて、一杯いただきました。

思えばラーメンというものは、別々に仕上げた数種の材料を、提供する直前に初めて丼の中に合わせる料理ですが、その一つひとつが念入りに作られ、しかも調和した上に「力強さ」を現出するという、大したものでした。

煮豚やワンタンを食べきれなかった青年に、店の兄さんが優しくパックを渡してくれる。「あまりお金使っちゃダメよ。食べられる分だけね」と、ビールから焼酎に切り替え、冷やし中華を追加しようとした爺さま(わたしじゃありません)を諭す姐さん。

地元の高校出身で、出張先からの帰りに何年ぶりかで寄ったという中年サラリーマンと、まるでこの店のラーメンのように腕っぷしの強そうなご主人との「アイツは今さぁ……」といった開けっぴろげなやりとりも、じつに微笑ましくも頼もしく、生きている歓びみたいなものさえ伝わってくるのです。

3309812B-F2B7-40F3-B9E2-1D5E86A7B69B.jpeg

すべて豪快でやさしい。

しかし、老人の胃袋にはすこし負担がかかるのが悲しいところです。偶然入った初日は、外に漂い出る煮豚の匂いと豚骨出汁の香りに引かれてふらふらと扉を押したのですが、前座であるべき瓶ビールとマカロニサラダでお腹いっぱいになってしまいました。つきだしに一皿くれた胡瓜の和え物がたっぷりあって、もうこれで十分なほどだったこともあり。

E14610BE-7CD7-4284-B183-D8CDCCBC28FD.jpeg

以下はダソクと個人の偏見です。お読み飛ばしください。

大西の近所にあるスーパーで、滞在中の酒やツマミ、カップラーメンやヤキソバ、その具にするモヤシなどを仕入れていると、なにやらとても高価な(一食入り200円くらいだったかと思って、ただ今検索したら450円だって!ドヒャー)。地元のラーメン店らしい「◯◯商店」というところの即席麺が大量に並んでいて、「なんじゃこりゃ。こんな高いの、誰が買うのかいな」と、当然のこと素通りです。売れないからワゴン売りしてるのだろうと憐れみながら。

たまたま数日後の夕刊紙にその店が載っているのを見ると、超のつく有名店で、朝早くから予約券を手に入れるのに行列ができるという…。そんな店、ゼッタイに行かんよ。即席麺の450円って、冗談じゃねえよ。ハマでは町の中華屋で立派な一杯のラーメンをを作ってくれるのさね。おれがいつもウチで「うめえうめえ」と食っているマルちゃんの醤油ラーメンなんて、三食で185円だぜ!

値段も味のうち。それをどう解釈するかは両極端あり。またいずれ考えてみよう。

BEBA5221-310B-48EF-A438-B4E7A48F4E71.jpeg

6BF8B36E-6A69-4BA2-BC2A-1F836F9D5B96.jpeg

『味の大西 本店』https://tabelog.com/kanagawa/A1410/A141002/14003351/


























この記事へのコメント

この記事へのトラックバック