主役は蓮かと思ったらーー馬場花木園は七夕

用足しのあとは行き場もなく、いつもの馬場花木園(横浜市鶴見区)に。

昼過ぎだったので蓮の花は期待しておらず、今年の蓮池の勢いを確かめられればという軽い気持ちで訪ねた。たしか二、三年前、あまりにも葉がまばらで寂しく、この池ももう手入れを受けられなくなったかと嘆いたものだった。

園内にある茅葺き屋根の屋敷を大規模に立て直しているということは、それだけの予算も付き、花木にも力が注がれているのだろう。池の盛んな様子に加えて、カンゾウ(ノカンゾウかヤブカンゾウか知らないが)またキスゲが立派な花を咲かせていた。

E49CCB93-48C7-4295-8891-155E35471AA6.jpeg

0153D590-D76E-4355-89A4-BCC145D635E6.jpeg

649C0220-3BFA-42E4-B010-DF362B519FC0.jpeg

50BEBF82-44EF-4DDE-95FE-54C4C8CF4783.jpeg

0813ECD0-F7D2-4084-BB69-4739EE778EDC.jpeg

02EDCFF9-4035-41EA-B483-053DAA273591.jpeg

2A7955E2-97D7-406C-AFFB-07BCE9D03D36.jpeg

D2D37B5C-5516-40AE-9881-F319F2E55AFB.jpeg

76AC3EAE-2D3C-42A0-9195-00E0F2564B0B.jpeg

8994A6FC-27C9-4C78-A130-8F2C9040D923.jpeg

8877202A-0183-4491-95EF-119E7B81F6C2.jpeg

一時間ほど巡って、足はいつもの蕎麦屋『豊年屋』へ。

冷酒一本を白菜漬けでやるうちに、献立に重大な誤植を発見してしまった。使っていたものが古くなったといって、ご常連がワープロでこしらえてくれたと、オヤジがいつか話していた。いい出来映えに感心していた。

あまりに食欲がなかったので、ふだんは読みとばす部分もつぶさに味読し、丼のアタマだけを作ってもらおうかとしていると、なんと「開花丼」とあるではないか。まだ食したことはないが、肉の玉子とじだろう。文明開化からくる「開化丼」だろうに…。

オヤジに指摘しようかどうかしばし迷った末、やめておくことにした。つくってくれたご常連の顔をつぶすことになろうし、オヤジの気づかいを増やすこともあろう。

けっきょくは天丼の並(900円)をご飯少な目で頼むこととなった。いつもは玉子丼の並(550円)のご飯少な目なのだが。

DA68E201-AED7-479A-8DF5-6845727E5094.jpeg

F878A09A-AFCA-45E6-9F1D-68A1256A5A5E.jpeg

二本目のヒヤが終わるころ、休日で訪ねてきていた娘さん夫婦と子供たちが二階から降りてきた。初対面だが物怖じする様子もない。まだ誕生日前であろう息子を抱いた母親とオカミに並んでもらって、撮っておいた。印刷して次回に持っていってやろう。来月、花木園はサルスベリの頃か。梅雨はすでに明け、暑くなっていることだろう。お盆でまた皆集まってくるにちがいない。

















梅雨のさ中、日光植物園ーー未明の徒然に;まずは写真の整理から…

「ラジオ深夜便」で流れてくるルイ・アームストロングを聞き流しながら何のあてもなく iPad を眺めていると、先に日光から帰るときに立ち寄った東京大学の植物園でみた草木の写真に行きあたった。

……。

昨日のこと、身体が辛くて起きていられず、さりとてただ寝てもいられない。ひと月前から撮り溜まった写真が気にかかっていた。仕方もなく、例によって寝床で整理を始めた。これが難航を極めた。

まず、写真の前後関係がよくわからない。旅に出るときは用途により二台のカメラを使い分けているが、日常記録用にしている片方を電車に置き忘れたために、丸々二日の間に立ち寄った食堂での飲み食いや買い物の内容は、草木撮影用カメラで記録していた。

情けないことに記憶する力が衰え、カメラの記録に頼っている。それが記憶力低下に拍車をかけているのだろうが。

見たもの、記録したものの順がはっきりしないと、それらの持つ意味が自分の中で定まらず、実像がつかめない。カメラでは「記録」しきれない自分の裡の「記憶」はどうしてもある。しかし哀しいかな、それは冷静な「記録」がないと蘇ってこないのだ。

苦心の末にアルバムを整理して、時系列上に並べおわると、ダメ写真をふるい落とし、条件を変えて撮った一枚一枚の確認と、さらなるふるい落とし、同時に構図の調整や色合いを補正する作業が続く。これが我がシゴトの本体なのだが、くたびれている身には、辛い。

集中する力がなく、五枚ほども仕上げると眠気が襲ってくる。数分眠っては起き、また写真に取りかかる。それを幾度繰り返すことか。

すべてに目を通したかどうか、わからない。晩飯を支度する時間になったのをいいことに、放り出した。

……。

夜中に目をさまし、もう眠れそうもないので iPad を開くと、編集しかけの写真が出てきた。その作業を続けられる状態ではない。

たまたまそれが植物園で撮ったものだったので、戯れに組み写真を試作しながら遊んでいた。それらについて言葉を綴る気力はない。代わりに、それに至る経緯を記し、ここまでとする。

EB941FD7-2F79-4A2E-9030-E75D72373357.jpeg

AC305229-B307-4D06-91B6-00311E66A1C3.jpeg

2D2FE9A1-6B16-4147-B0B0-9AA2110FBA01.jpeg

E2679B69-4452-454A-9323-50B0EF293CB0.jpeg

83801515-8775-412B-AAAE-74D292A0F98E.jpeg