三溪園、花菖蒲の池を巡るーー横浜本牧・6月18日

いちおうは左回りの順路となっている園内ではあるが、ヘソ曲がり爺ィは逆をたどることが多い。

門をくぐると、晴れわたる日差しの下、花菖蒲が盛りを迎えていると見え、しばらくの間は見物客の少ない方にまわっていた。

画像


画像


画像


画像



八つ橋ならぬ渡り板をはさんで生える半夏生の葉も白みが増し、「ああ、梅雨だな」と落ちつく思いがする。

画像


池の東岸から小川にかけての暗がりに咲く紫陽花は、そろそろ勢いがなくなる時期と見えた。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


園に入ってすでに二時間ほど経っており、ひと休みしようと、おでんの皿と缶ビールを茶店でもらったあとは、明るい光のさす木立のなかにひっそりと佇む「春草廬」に向かう。苔の色はいよいよ濃く、趣きを増していた。

画像


画像


画像


画像


画像


ときに、某薔薇園の主任園芸師氏は、紫陽花は嫌いだが園の方針なので植えていると言い、こちらは以前は山紫陽花などの植えこみが気に入っていたのだが、今年は外来の園芸種ばかり目立って、感心しなかった。彼にとっては湿り気の多い庭園に苔が生えるなど、考えられないのだろう。趣味の違いといえばそれまでのことだが。

さて、春草廬のほか「林洞庵」「横笛庵」以外の、あまりに堂々とした古建築には興味がなく、いつも素通りしてしてもったいなくも思うが、致しかたない。そのうち好みも変わるかもしれないし。

偶々さっき旧友から来たメールに、犬の散歩の途中だろう、東京世田谷の砧公園からネムノキの大木が、柔らかな薄緑の枝葉の上に、ふわふわと軽やかな淡い桃色の花を見事にたくさん咲かせている写真が添えられていた。

画像

三溪園にも睡蓮の池のほとりにこの大木があるのだが、先週のこの日には気づかなかった。まだ咲いていなかったのか、花菖蒲に目を奪われたせいか、わからない。

以前住んでいた家の庭にこの苗を植えたところ、生育が早く、よく花をつけてくれた。もっとも、そこから離れて暮らすようになってから、蟻が寄ってくるからといって、根元から伐られてしまったのだが……。

池を前にするベンチで、常連と思われる七十半ばとお見受けする方と、花の見頃のこと、風の強かった二日前に横浜港から望まれたというスカイツリーやその日の富士山のことを和やかに語り合い、別れを告げるともなく、ふたりとも花菖蒲を写しながら自然に離れていた。水の如き交わり、といえるかどうかは知らない。

画像


画像


画像


ーー入園して三時間半ほど経て光線の加減が変わり、場所が異なれば、花菖蒲の見え方もまた違う。

いつもなら帰りに寿司と蕎麦の『江戸清』で少酌するところ、すでに昼の中休みの時間となっている。

そこで、以前から気になっていたのだが、稲荷寿司が幾種類かある甘味処風の店に立ち寄ってみた。

物腰の柔らかい女性のご店主に伺えば、客の要望が強く、ビールを提供することを検討している由。店の雰囲気と方針もあることだろうから、こちらも欲しくは思うが、是非にと頼むことはできない。稲荷寿司二つと味噌汁、そしてところてんを黒蜜少しでいただいた。

画像







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック