昨夕からさっきまでーー放浪メシ、外と内

年金事務所でのあまりに低次元で能率の悪い事務の進め方に腹を立てたものの、なんとか我慢を通し、鰻の『竹葉亭』から流れ流れて憂さを晴らしての帰り道。

横浜・東神奈川の中華料理店、その名も『李白』では北関東弁(わたしの “生まれ言葉” とほぼ同じ)が通じるので、これからも足を運ぶことだろう。

……。

このごろは夜の風景ばかり撮っているような気がする。

服喪中の現状逃避福島行!の桜や花桃の写真は多すぎて、整理がつかぬまま。



画像

この鰻の老舗で蒲焼をもらったことはなく、肝を浅く煮たものを初めていただく。ごく割安に楽しめる。いつになったらうな重が食えるのだろう…。


画像

東神奈川で日替わり百円の肴がある寿司屋『和可奈』を覗いてみると、連休前のせいで珍しく混みあっている。仕方なくさらに裏に進み、先日見つけたごく普通のラーメン屋さんにいってみると、悲しさや、閉店の張り紙が。


画像

で、初見の中華屋さんは遅い時間ながらも近所の方々が酒盛りの様子が窺われ、「いい?」と聞けば「どうぞ」と。シュウマイは肉を包丁で荒微塵に切ってこの日に作ったところで、アタマにはとろろ昆布。紹興酒10年ものグラス半分とタピオカミルクは、おまけ。


画像

夜中に帰宅してから翌日にかけて、食事はラーメンばかり…。洗い物が少なくてすむので。

深夜の醤油ラーメンには何かの残りで新玉ねぎを刻んだものを。明けて、宿酔のままつくる正午過ぎの豚骨ラーメンに目玉焼きで栄養をと思ったら、黄身二つの卵に当たる。煮豚が欲しいが、高くて買えぬ。

おやつは、硬くなりかけていた小豆餡に牛乳とバターを加えて軽く温めながら練ったものを焼きパンにのせたら、これがウマイ。小倉トーストだがヤ 笑。


画像


画像


画像


画像


画像


画像










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック