閑話休題ーー暖か長閑な海辺の写真を

一月下旬の札幌行きのことをグズグズしてまとめきれず、飲み屋二軒ぶん未消化のまま、会津バナシを始めてしまい、切りがない。

雪の話が続きすぎたので、口直しに房州の保田・白浜・館山の安らいだ海と空を。

画像


画像
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


寂れてひと気ない館山の街はずれにあるホカ弁屋さんは、三十に届くかどうかの娘さん一人で切り盛りしている様子。素泊まりする白浜の宿付近の晩飯事情が心配だったので、幕の内弁当でも作ってもらい、持参することにした。調理場で焼肉を炒める濛々たる煙が流れてきた。ありゃ、幕の内に焼き肉とは……と、見当が外れた感もあったが、まあよい。出来上がりを受け取るとき、娘さんの仕草と声音、身なりにあらためて接し、境遇を想像して深い哀れみを覚えるのだった。揚げ物などは、むろん半既製品だろうが、それは当然。一所懸命に作ってくれてありがとう、と缶チューハイを飲みながら美味しく頂いた。

画像


宿で出会った香港か台湾からであろうか、老夫婦と娘そして孫のこと、特に当方と同年輩の男の思慮深げで打ち沈んだ感さえある男について記しておこうとしたのだが、きょうはヤクが効いてきて、もう、思考不能、後日!

……次はまた会津に戻ります。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック