一日一夜

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018ウチナー日誌 4――雨中散歩、居酒屋小憩、夕方ウチ飲み慎ましく

<<   作成日時 : 2018/05/17 14:47   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

もし那覇で暮らすようになったらこういう日々になるのかと、振り返って思うのです。

しかし一方で、毎日続けるのは難しいなぁ、飽きるなぁ…とも。

そもそも、波風なく日々を過ごすこと、坦々と生きてゆくことが詰まらなく思えてしまうので。それが一番のこととは、頭では思いながらも。悟りきれぬところです。

頭と身体がまともに動くときは、今しているように、日々を振り返り、記録をこしらえながらやってゆくしかないと思っております。

なんのことはない。働いているころにしていたことと変わりません。当時は仕事の質を保ちながら向上させるために、仕事そのものを記述し記録し、改良の方向を考え、書類をこしらえて周りと上司を動かすことを自分の仕事と心得ていた、その延長なのでしょう。

ま、いいや。とにかく滞在四日目のことを……。

画像

起床08:20。外は雨。室温19度、湿度85パーセント。滞在中、いくら晴れても70パーセントを破ったことはなかった。


画像

タンカン。県の北部、ヤンバル地方の産。ポンカンと温州みかんが自然交配したもの。古代中国の商人がアッサム地方の短い桶(タンカン)に入れて売り歩いたことからその名がついたのだと。農連市場近くの八百屋で。5個300円だったか。



画像

気が短いので、茹で卵はいつも半熟。冷蔵庫から出したものをすぐに水ーー量はその時の気分による!ーーに入れて火にかける。茹で時間はその時によって、勘で。不思議に出来上がりはたいてい半熟になっている。

モヤシとホウレンソウはマヨネーズ和え。

食欲がなかったので、この皿ととタンカンで朝はおしまい。



画像

宿の傘を借り、福州園に行ったら定休日。向かい側の松山公園をゆっくり歩く。

ブーゲンビリアの向こうに生える樹は、葉が槇のように細長く、この季節には珍しく鮮やかな浅緑で、とても美しい。(迂闊にもその写真を載せ忘れ、挿入の仕方がわからない。たぶん二日ほど後に安里の駅前で同じ木を撮ってあるので、そこでお目にかけます)



画像

首里城をはじめ、沖縄伝統の石組みは表面がごく滑らか。なだらかな曲面とキッパリした直線の組み合わせが特徴と見ています。

復元されして日の浅い首里城と比べ、こちらは古くから続く水場で、味わい深いものです。お城や県立博物館・美術館の石垣には違和感を覚えていたのですが、こちらのほか離島の旧家にあった石垣などを見ると、いいものだと思わざるを得ません。

この跡の謂れは次に。



画像





そして先に「ウチナーで思う 2――悲しみ 白梅学徒隊(松山公園にて、1月17日) 」に挙げた像に出会うことになって…。
http://kogatak.at.webry.info/201804/article_4.html

画像


画像

悲しい歴史ですが、事実は事実として、歪んだ目で見ることのないようにしたいと思うのです。


画像




画像

石蕗(ツワブキ)が姿も咲く時期も本土と同じなのに、意外な感と同時に、ホッとする懐かしさも。



画像

松山公園から歓楽街を抜けて国際通り方面に向かう途中、今風の飲み屋さんの側壁に薔薇が咲いている意外さ。



画像

観光シーズンを外れているので国際通りは人出が少ないが、あまり好かないので入らず、松尾の交差点を直進して東へ。坂を上ると公園があった。



画像

雨が激しくなる。



画像

雨降りしきる中、松尾から裏道を牧志方面へ。



画像

あっけなく牧志の裏手、開南の交差点に出ていた。観光客はめったに立ち入らない大平通りにつながる下り坂。



画像

壺屋のヤチムン(焼き物)通りから少し外れた所にある食堂。前から二十四時間営業だったかどうか、記憶に自信がない。まだ入店したことはありません。



画像

献立はこのとおり。覗いてみると、入り口に食券販売機が。前もこうだったかなぁ?



画像

すでに午後一時を回り、そろそろアタマの燃料切れで頭痛が始まる予兆があったので(ということにして 笑)二日前に世話になった居酒屋に。例によって相客なし。

お通しは、ふつうの関東風おでん。ご店主の出身は神奈川県なのだと。数年前までは那覇の隣町で営業していたそうな。



画像

タヌキ豆腐。ツユは冷たい蕎麦つゆ。これらも関東風。この食堂、蕎麦もサンドイッチも作ってもらえる。



画像

ピーマンと塩昆布の炒め物。地元産のピーマンが肉厚で嬉しい。鍋を扱う音からして、電磁調理器を使っているのかとみたが、ご店主には確かめていない。



画像

座った席から正面を見る。



画像

そして右側。手作り感に満ちている。それが良いかどうかはお好みですが、わたしはどうでもよいと思ってます。



画像

宿に戻ってから、チャチャっと炒麺。



画像

そしてその夕方。




画像

塩昆布が活躍。このご飯で締めにしようとしたものの…。



画像

なんとまあ、100円ショップにあった缶詰のグリーンカレーを開けてしまった!



画像

卵は大事なタンパク源。この日四つ目。九日間で八個食べ、残った二つは固茹で卵にして家に持ち帰ることとなりました。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018ウチナー日誌 4――雨中散歩、居酒屋小憩、夕方ウチ飲み慎ましく 一日一夜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる